スポーツと肘痛

スポーツと肘痛の関係についてご紹介します。野球やテニスなどのスポーツをしていると、急に肘が痛くなってバットやラケットが触れなくなったり、ボールを投げるたびに電気が走るような痛みを感じることがあります。

 

スポーツの中でも特に手で何かを使って行う球技、野球やテニス、ゴルフといったスポーツに多いのが肘痛です。

 

テニスが原因で起こる肘痛を「テニス肘」と言います。正式名称は「上腕骨外側上顆炎」と、難しい名称になっています。

 

このテニス肘が厄介なのは、一度なってしまうと完全な治療は難しく、幹部を安静にしなければいけないためしばらくテニスが出来なくなってしまいます。せっかくテニスを楽しみたいのに、テニス肘のせいでプレイが出来なくなるのは非常に残念ですよね。

 

軽度のものならサポーターやテーピングなどで炎症を抑えることも出来ますが、それでも再び負担を掛けると再発してしまう可能性もあります。原因は主にボールを手首や腕の力だけでリターンしようとすることで、関節部分に大きな負担が掛かってしまうことや、加齢によって筋肉や腱が衰えてしまうことです。重症になってくると重い物を持つことが困難になり、日常生活にも支障をきたすことになりかねなく非常に厄介です。