肘痛の予防に筋トレがいいの?

肘痛の予防に筋トレがいいのでしょうか。 肘は物をつかんだり、持ったり、ボールを投げたり、 テニスのラケットやゴルフクラブなどでボールを打つ動作の重要な役割を担っています。 なので、肘痛を悪化させると、日常生活にも支障が出てきます。なるべく早く肘痛の原因を知り、治療を行いましょう。 肘の痛みの原因を根本的に理解することが、痛み解消の近道へとなります。

肘痛が長く続いたり痛みが激しい時は、靱帯や筋肉が切れている可能性があるため、必ず専門医を受診しましょう。 また身に覚えのない肘痛でも、痛み止めなどで放置せずに専門医を受診して、原因をはっきりさせるのがいいでしょう。 痛みの原因がテニスやゴルフなどのスポーツで、それを再開する人は、予防のために筋力トレーニングが欠かせません。

筋力トレーニングは、炎症が完全に引いてから行います。肘関節内外側部に加わるストレスに、打ち勝つだけの筋力をつける事が、予防として必要なこととなります。 専門家の指導の下で行なうと、より効果的でしょう。せっかく肘痛が治っても、同じ事を繰り返せば、肘痛が再発してしまいます。 そして、次はもっと治りにくく、繰り返すうちに治らなくなってしまう恐れがあります。