ストレッチは肘痛に効果があるの?

ストレッチは肘痛に効果があるのでしょうか。テニスや野球、ゴルフなどのスポーツを楽しむ上で、避けて通れないのが肘の痛み。 肘を傷めないでスポーツを楽しむにはどうすればいいのでしょうか。

テニス肘やゴルフ肘を予防、改善するためにはストレッチを毎日行って、肘から手までの柔軟性を高めるのがとても効果的です。 準備運動もせずにすぐプレーするのは肘を傷めるもとなので、スポーツの前後に、ストレッチを行うようにするといいでしょう。

テニス肘やゴルフ肘は、手首を支えたり指を屈伸させたりする筋肉に障害が起こる症状です。 スポーツに限らず重い物を持ち上げたり、タオルを絞るなどの生活の中でも、肘に無理な力がかかると起こることがあります。 特に加齢によって、肘の柔軟性が低下すると、ちょっとした無理な動きをしただけで起こることもあるので、中高年の人は注意が必要です。

もし肘を痛めてしまったら、完治するまでスポーツは我慢しましょう。動かせる程度の痛みまで引いたら、無理のない程度に筋肉トレーニングを始めましょう。 まずは筋肉をつけることです。次にフォームの改善です。肘を痛めてしまうのには原因があるはずなので、原因を追求してみましょう。