肘痛の治療について

肘痛の治療についてご紹介します。スポーツをする上で、避けて通れないのが怪我です。では、肘が痛むときはどうすればいいのでしょうか。 肘痛の治療方法としては、その痛みがどこから来ているか、どういう症状かによって異なります。 慢性的な痛みに対しては、その原因の特定が最優先なので、専門の医療機関に診てもらうのが一番です。

基本的には消炎鎮痛剤の塗り薬などがもらえ、テーピングなど施してくれるでしょう。 自分に起きている肘痛の原因が特定できた上で、その原因に対する治療を行うのが適切かと思います。 さらに肘周辺の筋肉に対しストレッチや筋力トレーニングを積極的に行うのもいいでしょう。 肘関節に繋がる筋肉を鍛え柔軟にしておくことは、肘の痛みを緩和し、同時に怪我の防止にも繋がります。

肘痛の原因として挙げられるのは、関節部の筋力が年とともに衰えることです。日ごろからストレッチや筋トレを欠かさずに行うことで、肘痛を予防出来るでしょう。 練習後にはきちんとマッサージを行い、なるべく関節に負荷が掛からないようにしましょう。 また、一時的に練習量を減らすことで関節への負担を軽減したり、練習後に関節をアイシングしたりすることも予防のひとつです。