肘痛とテーピング

肘痛とテーピングについてご紹介します。野球やテニスなどのスポーツをしていると、急に肘が痛くなってバットやラケットが触れなくなったり、動かすと電気が走るような痛みを感じることがあります。 スポーツの中でも特に手で何かを使って行う球技、野球やテニス、ゴルフといったスポーツに多いのが肘痛です。 肘の痛みは膝の痛みや腰の痛みといった他の関節痛と同様に、非常に多くの方が悩んでいます。

肘痛に対して、ストレッチや筋力トレーニングなどが有効ですが、肘痛の解消法としてはもちろんそれだけではありません。 肘にテーピングを装着することで、肘の動きを活性化させたり、肘痛を軽減させたりすることが出来ます。 また肘に対してだけでなく、手首に対するサポーターを併せて装着することも効果的です。

肘痛の原因は手首にも連動していると考えられるので、リストバンドなど手首のサポートも同時に行えばさらに効果がアップするわけです。 テーピングに用いるテープは固定式のものではなく、伸縮性のあるものを使うといいでしょう。 筋肉を伸ばした状態でテープを筋肉の流れに沿って貼ると、血液やリンパ液の流れがよくなり、炎症を起こしていたり疲労でこわばっていたりする筋肉の自然治癒力が高まるのです。