肘痛の予防に筋トレがいいの?

肘痛の予防に筋トレがいいのでしょうか。 肘は物をつかんだり、持ったり、ボールを投げたり、 テニスのラケットやゴルフクラブなどでボールを打つ動作の重要な役割を担っています。 なので、肘痛を悪化させると、日常生活にも支障が出てきます。なるべく早く肘痛の原因を知り、治療を行いましょう。 肘の痛みの原因を根本的に理解することが、痛み解消の近道へとなります。

肘痛が長く続いたり痛みが激しい時は、靱帯や筋肉が切れている可能性があるため、必ず専門医を受診しましょう。 また身に覚えのない肘痛でも、痛み止めなどで放置せずに専門医を受診して、原因をはっきりさせるのがいいでしょう。 痛みの原因がテニスやゴルフなどのスポーツで、それを再開する人は、予防のために筋力トレーニングが欠かせません。

筋力トレーニングは、炎症が完全に引いてから行います。肘関節内外側部に加わるストレスに、打ち勝つだけの筋力をつける事が、予防として必要なこととなります。 専門家の指導の下で行なうと、より効果的でしょう。せっかく肘痛が治っても、同じ事を繰り返せば、肘痛が再発してしまいます。 そして、次はもっと治りにくく、繰り返すうちに治らなくなってしまう恐れがあります。

ストレッチは肘痛に効果があるの?

ストレッチは肘痛に効果があるのでしょうか。テニスや野球、ゴルフなどのスポーツを楽しむ上で、避けて通れないのが肘の痛み。 肘を傷めないでスポーツを楽しむにはどうすればいいのでしょうか。

テニス肘やゴルフ肘を予防、改善するためにはストレッチを毎日行って、肘から手までの柔軟性を高めるのがとても効果的です。 準備運動もせずにすぐプレーするのは肘を傷めるもとなので、スポーツの前後に、ストレッチを行うようにするといいでしょう。

テニス肘やゴルフ肘は、手首を支えたり指を屈伸させたりする筋肉に障害が起こる症状です。 スポーツに限らず重い物を持ち上げたり、タオルを絞るなどの生活の中でも、肘に無理な力がかかると起こることがあります。 特に加齢によって、肘の柔軟性が低下すると、ちょっとした無理な動きをしただけで起こることもあるので、中高年の人は注意が必要です。

もし肘を痛めてしまったら、完治するまでスポーツは我慢しましょう。動かせる程度の痛みまで引いたら、無理のない程度に筋肉トレーニングを始めましょう。 まずは筋肉をつけることです。次にフォームの改善です。肘を痛めてしまうのには原因があるはずなので、原因を追求してみましょう。

肘痛の治療について

肘痛の治療についてご紹介します。スポーツをする上で、避けて通れないのが怪我です。では、肘が痛むときはどうすればいいのでしょうか。 肘痛の治療方法としては、その痛みがどこから来ているか、どういう症状かによって異なります。 慢性的な痛みに対しては、その原因の特定が最優先なので、専門の医療機関に診てもらうのが一番です。

基本的には消炎鎮痛剤の塗り薬などがもらえ、テーピングなど施してくれるでしょう。 自分に起きている肘痛の原因が特定できた上で、その原因に対する治療を行うのが適切かと思います。 さらに肘周辺の筋肉に対しストレッチや筋力トレーニングを積極的に行うのもいいでしょう。 肘関節に繋がる筋肉を鍛え柔軟にしておくことは、肘の痛みを緩和し、同時に怪我の防止にも繋がります。

肘痛の原因として挙げられるのは、関節部の筋力が年とともに衰えることです。日ごろからストレッチや筋トレを欠かさずに行うことで、肘痛を予防出来るでしょう。 練習後にはきちんとマッサージを行い、なるべく関節に負荷が掛からないようにしましょう。 また、一時的に練習量を減らすことで関節への負担を軽減したり、練習後に関節をアイシングしたりすることも予防のひとつです。

肘痛とテーピング

肘痛とテーピングについてご紹介します。野球やテニスなどのスポーツをしていると、急に肘が痛くなってバットやラケットが触れなくなったり、動かすと電気が走るような痛みを感じることがあります。 スポーツの中でも特に手で何かを使って行う球技、野球やテニス、ゴルフといったスポーツに多いのが肘痛です。 肘の痛みは膝の痛みや腰の痛みといった他の関節痛と同様に、非常に多くの方が悩んでいます。

肘痛に対して、ストレッチや筋力トレーニングなどが有効ですが、肘痛の解消法としてはもちろんそれだけではありません。 肘にテーピングを装着することで、肘の動きを活性化させたり、肘痛を軽減させたりすることが出来ます。 また肘に対してだけでなく、手首に対するサポーターを併せて装着することも効果的です。

肘痛の原因は手首にも連動していると考えられるので、リストバンドなど手首のサポートも同時に行えばさらに効果がアップするわけです。 テーピングに用いるテープは固定式のものではなく、伸縮性のあるものを使うといいでしょう。 筋肉を伸ばした状態でテープを筋肉の流れに沿って貼ると、血液やリンパ液の流れがよくなり、炎症を起こしていたり疲労でこわばっていたりする筋肉の自然治癒力が高まるのです。

スポーツと肘痛

スポーツと肘痛の関係についてご紹介します。野球やテニスなどのスポーツをしていると、急に肘が痛くなってバットやラケットが触れなくなったり、ボールを投げるたびに電気が走るような痛みを感じることがあります。

 

スポーツの中でも特に手で何かを使って行う球技、野球やテニス、ゴルフといったスポーツに多いのが肘痛です。

 

テニスが原因で起こる肘痛を「テニス肘」と言います。正式名称は「上腕骨外側上顆炎」と、難しい名称になっています。

 

このテニス肘が厄介なのは、一度なってしまうと完全な治療は難しく、幹部を安静にしなければいけないためしばらくテニスが出来なくなってしまいます。せっかくテニスを楽しみたいのに、テニス肘のせいでプレイが出来なくなるのは非常に残念ですよね。

 

軽度のものならサポーターやテーピングなどで炎症を抑えることも出来ますが、それでも再び負担を掛けると再発してしまう可能性もあります。原因は主にボールを手首や腕の力だけでリターンしようとすることで、関節部分に大きな負担が掛かってしまうことや、加齢によって筋肉や腱が衰えてしまうことです。重症になってくると重い物を持つことが困難になり、日常生活にも支障をきたすことになりかねなく非常に厄介です。